ソフトウェア開発会社「合同会社ニコラソフト」の企業サイトです。

法人税、法人事業税などの処理方法について

「法人税申告お助けくん」では、
法人税、法人事業税などは、以下のように経理処理することを想定していますので、
異なる方法で処理する場合は、ご注意ください。

 未払法人税(納税充当金)の経理処理

◆「法人税」、「道府県民税」、「市町村民税」、「法人事業税」、「地方法人特別税」は、
すべて「未払法人税(納税充当金)」を取り崩して納付する。

◆前期の「法人税等」を「損金経理」で処理した場合は、
前期は、「損金経理処理」、当期より「納税充当金処理」に変更する(※設定方法については「操作マニュアル」を参照)。

◆当期の損益から算出される税額は、「当期の納税充当金」として経理処理する。

◆上記のため、『当期』の申告書の「別表四」には、「当期の納税充当金」を損金不算入として加算調整する。

◆次の事業年度(来期)に法人税等を納付するときは、以下の仕訳のように「未払法人税(納税充当金)」を
取り崩して納付する経理処理する。

【仕訳】未払法人税(納税充当金) ○○円 / 現金 ○○円

◆次の事業年度(来期)の申告において、「法人事業税」、「地方法人特別税」を、損金として処理する。

◆上記のため、『来期』の申告書の「別表四」には、「法人事業税」と「地方法人特別税」の合計額を
損金算入として減算調整する。

◆「中間納付した税額」に関しては、会計ソフトにて「損金処理の仕訳」を追加して処理する。

 

事業年度 前期 当期 来期
所得から計算した税金額 法人税等A1
+事業税等B1
法人税等A2
+事業税等B2
法人税等A3
+事業税等B3
納税充当金
(未払法人税)
法人税等A1
+事業税等B1
法人税等A2
+事業税等B2
法人税等A3
+事業税等B3
事業年度中に納付する税金額   法人税等A1
+事業税等B1
法人税等A2
+事業税等B2
別表四の加算調整 法人税等A1
+事業税等B1
法人税等A2
+事業税等B2
法人税等A3
+事業税等B3
別表四の減算調整   事業税等B1 事業税等B2

※法人税等:法人税、道府県民税、市町村民税
※事業税等:法人事業税、地方法人特別税

以上

PAGETOP