ソフトウェア開発会社「合同会社ニコラソフト」の企業サイトです。

法人税申告を自力で行う手順

【法人税申告を自力で行う手順】

「法人税申告お助けくん」を使って法人税申告を完了するまでの実際の手順を以下説明します。
使用時の参考にしてください。

  項目 作業内容 注意事項
1 会計ソフトで仕訳の入力 会計ソフトなどで、通常の仕訳を行っておきます。この段階で減価償却の仕訳も入力完了しているものとします。
ただし、この段階では、該当年度の法人税などの金額が未定のため、法人税関連の仕訳は未入力にしておきます。
法人税関連の仕訳には、「法人税」、「法人の住民税、事業税」の仕訳が含まれます。
2 仮の決算書の作成 上記の仕訳がすべて完了したら、法人税関連以外の仕訳が入力された「仮の決算書」を出力します。
ここでの出力は、損益額などの数値が分かればよいので、PDFファイルなどもしくは、会計ソフト上で確認することができればOKです。
 
3 法人税申告書類の取得 一般的に新年度が開始して1か月前後過ぎると税務署から法人税申告書類が送付されてきますので、それらの書類の注意事項、法人税率、住民税均等割額などを確認します。 税率、税額などは、税務署の担当者に電話で聞いてしまったほうが早いです。ちなみに弊社の所在地の愛知県では、法人県民税の均等割額が通常よりも1000円加算され、21000円になってます。地域によって異なる場合がありますので、ご注意ください。
4 「法人税申告お助けくん」で情報入力 「法人税申告お助けくん」を起動して、会社情報、決算情報の記入できる項目をすべて入力します。ここで、仮の決算書を確認しながら、該当年度の損益額などを入力します。 何を入力すれば良いのか分からない項目は、後ほど、税務署の担当者の方などに聞けばよいので、未記入でOKです。
5 法人税申告書一式を印刷 「法人税申告お助けくん」で記入できる項目をすべて入力したら、[計算]を実行、次に[印刷]を実行し、法人税申告書一式を紙に印刷します。
ここで印刷した書類の中で、「別表一(一)」など署名押印が必要な書類には署名押印をしておきます。
「別表一(一)」、「地方税申告書」などには、署名押印が必要です。
署名押印した書類は、2枚ずつ印刷しておくと、提出時に「控え」の印を押したものを返してもらえます。「控え」の書類は、融資の時などに銀行に提出が求められる場合があるとのことです。
6 決算仕訳の入力 「法人税申告お助けくん」の「申告作業」の画面に決算仕訳として、法人税関連の仕訳の例と金額が表示されるので、この仕訳を会計ソフトにて入力します。  
7 決算書を印刷 法人税関連の仕訳が入力し終わったら、該当年度の仕訳が、すべて入力完了となりますので、ここで提出するための決算書を会計ソフトから紙に印刷します。  
8 税務署で確認・提出 税務署の法人税の担当者に「法人税申告書の書き方を教えてください」と連絡し、法人税申告書類一式(決算書、申告書など)を税務署に持ち込みます。そこで書類を確認してもらい、問題無ければそのまま提出します。 提出時にホッチキスで関連書類毎にまとめて提出することをお願いされます。そのあたりも担当者に聞きながら作業すると間違いが無く安心です。
OCR用紙の書類は、モノクロで印刷したものでも受け取ってもらえるようです。
9 市役所で確認・提出 同じように市民税関連の書類を市役所の担当者に確認してもらい、問題が無ければ提出します。 「第二十号様式」は市役所に提出します。
10 県税事務所で確認・提出 同じように県民税関連の書類を県税事務所の担当者に確認してもらい、問題が無ければ提出します。 「第六号様式」、「第九号様式」関連は、県税事務所に提出します。
    以上で1年目は完了です。  
  【次年度】    
11 次年度の仕訳の入力 1年目と同じように仕訳を行います。  
12 前年度データの変換 2年目以降の申告書の作成は、「法人税申告お助けくん」を起動し、「はじめに」ボタンから、「前年データから新規作成」ボタンを押し、前年度のデータファイルを選択して、今年のデータに変換すると、多くの入力情報が自動的に入力されて、さらに作業が楽になります。  
13 前年度と同じ作業の繰り返し あとは前年度と同じように作業となります。  

 

以上

 

【参考:よくあるご質問】

ライセンスファイル(license.dat)が開けないのですがどうすればいいですか?

ライセンスファイル(license.dat)は、
直接、開くファイルではなく「無料版」に
登録するファイルとなります。

「法人税申告お助けくん」のライセンスキーの登録方法に関しては、こちらを参考にしてください。

 

 

中間納付した税額の処理について

「法人税申告お助けくん」での「中間納付した税額の処理」については、
中間納付した税額は納付した時に
会計ソフトにて下記のように「損金処理」の仕訳を追加することを想定しています。

《中間納付の仕訳例》
 租税公課 100 / 現金預金 100

結果として、
「法人税申告お助けくん」の「決算情報」画面の
「法人税等計算前の当期損益額」の入力金額は、
中間納付した分だけ減算された金額になります。

ライセンス登録で「ファイルの書き込み権限などをご確認ください。」と表示される?

ライセンスファイル(license.dat)の登録では、
最終的に、対象ソフトウェア(「法人税申告お助けくん」など)を
インストールしたフォルダ(「C:\nicolasoft\HoshinHelper2」など)に
「license.dat」がコピーされるようになっています。

「C:\nicolasoft\HoshinHelper2\license.dat」のようにファイルがコピーされれば、登録完了です。

ファイルエクスプローラーで、
対象ソフトウェアをインストールしたフォルダに、
「license.dat」をコピーして、対象ソフトウェアを再起動してみてください。

起動したときに、ウインドウタイトルの【無料版】の文字が消えれば登録完了です。

もし、ファイルエクスプローラーでもコピーできない場合は、
Windowsのセキュリティ設定などで、書き込みが禁止されている可能性が
ありますのでパソコンの設定をご確認ください。

もしくは、書き込みができるフォルダに
再度、インストール後、ライセンス登録を試してみてください。

 

また、詳細未確認ですが、実行ファイル(*.exe)から起動するのではなく、
デスクトップのショートカットから起動すると正常に登録できる場合があるようです。
一度、お試しください。

電話でのサポート対応はお願いできますか?

当社のサポート対応は、

「メール」および「ホームページからのお問合せ」

のみとしております。。

ご面倒かもしれませんが、ご了承ください。

会計経理ソフトとは、どこが違いますか?

本製品は、会計経理ソフトの処理部分は無く、法人税申告書の作成機能のみに限定されています。会計経理ソフトで決算書類を作成した後に本製品を使用する作業の流れになります。

「加算税および加算金」、「延滞税」、「過怠税」に対応していますか?

「加算税および加算金」、「延滞税」、「過怠税」には、自動計算では対応しておりません。

これらの金額を入力する場合には、「(3)申告書確認」-「別表5(2)」など、

該当する書類を表示させ、該当する欄に直接、数値を入力してください。

別表七(一)に「欠損金」が繰り越されないように記入されますが、どうしたらいいですか?

「欠損金」の入力は、
「お助けくん」画面の「(2)決算情報」-「欠損金」の画面で行います。

この画面の入力欄は、
一番上の行が「9年前」の欠損金、
一番下の行が「前年度」の欠損金を順に入力するように処理していますので、
一番上の行の入力欄は、「9年前の欠損金」と認識され、
次年度の繰り越されないように「別表七(一)」に記入されます。

そのため、欠損金が次年度に繰り越される「8年前」から「前年度」までの欠損金は、
2行目以降の入力欄に入力してくさい。

どの会計経理ソフトと連携していますか?

本製品は決算書類を作成した後に使用する作業の流れになりますので、決算書類が作成可能な多種多様な会計経理ソフトとの連携が可能です。

減価償却資産が6件以上あるのですが対応してますか?

減価償却資産は、現状では15件までの対応となっております(ver1,0,17,0以降)。

「欠損金の繰戻し還付」には対応していますか?

本製品は「欠損金の繰戻し還付」には対応していません。「欠損金の繰越控除」には対応しておりますので、こちらで処理していただくか、「欠損金の繰戻し還付」のための書類は別途、作成してください。

法人税などは、どのように経理処理すればいいのでしょうか?

法人税などは、「未払法人税(納税充当金)」として処理することを想定しています。
詳細については、こちらをご確認ください。

印刷時に文字が枠からはみ出ししまうが、どうしたらいいですか?

パソコン環境、プリンタ環境によって、印刷時に文字の位置がずれる場合があるようです。
その場合は、以下に示す手順で、印刷位置を調整することが可能ですので、
お試しください。

——————————————————-
【手順】
1. メイン画面下の[はじめに]メニューボタンを押す。
2. [はじめに]メニューウインドウの[設定]ボタンを押す。
3. [各種設定]ダイアログが表示される。
4. ズレ量に合わせて調整幅を入力する。

【調整例】
・内訳書の金額入力欄がずれる →「桁間隔調整係数」を「1.0」→「1.4」に変更
・書類全体に印刷文字が左にずれる →「印刷文字位置調整幅(横)」を「0」→「5」に変更

——————————————————

また、フリーソフト「CubePDF」などのプリンタドライバとして動作するPDF化ソフトを利用し、
PDFファイルとして印刷出力をすることで改善される可能性もありますので、お試しください。

フリーソフト「CubePDF」をインストールすると、
印刷処理を実行した時に、プリンタとして「CubePDF」が選択できるようになり、
「CubePDF」が選択して印刷すると、PDFファイルが作成されます。
もし、正常にPDFファイルが出力されたならば、
そのPDFファイルを実際のプリンタで印刷したときには、正常に印刷される可能性があります。

以上、よろしくお願いします。

「多重起動はできません。」とエラー表示される
「法人税申告お助けくん」は、
複数のプロセスから、同時に同じファイルを編集できないようにするため、
多重起動できないようになっております。

別のプロセスが既に起動していないか、ご確認ください。
ライセンスを購入しましたが、使わなかったので返金をお願いできますか?

ライセンスファイルのダウンロード販売という性質上、
返金のご要望には、対応できません。

基本的な動作は、無料版で試用可能ですので、
十分に動作確認の上、ライセンスをご購入ください。

Paypalで支払いをしたが、「ダウンロードURL」が記述されたメールが届かない

Paypalの登録に「Gmailのアドレス」を使用されている場合、
弊社からの「お支払完了メール(ダウンロードURLが記述されたメール)」が、
「迷惑メール」に分類される場合があるようです。

「お支払完了メール」が届かない場合は、
「迷惑メール」のフォルダを一度、ご確認ください。

以上、よろしくお願いします。

領収書をもらうにはどうしたらいいですか?

Vectorさんのサイトから購入していただいた場合は、
「領収書」もVectorさんのほうへ、ご請求ください。

PayPal決済で購入していただいた場合は、
PayPalが発行する受領書をプリントアウトするか、クレジットカード会社発行の利用明細書を領収書としてご利用ください。
PayPalの受領書は、支払い手続き完了後にPayPalのウェブサイト上で発行されます。

その他の場合については、弊社は基本的に領収書の発行を行っておりませんので、
以下のものを領収書としてご使用ください。
〇コンビニ決済の場合・・・店舗でお受け取りいただきましたお支払いの控え(受領書または受領証)を領収書としてご使用ください。
〇クレジットカード決済の方・・・クレジットカードのご利用明細を領収書としてご使用ください。

<参考>
※下記URLの
「領収書が欲しい」-【プロレジ商品の領収書について】の内容をご確認ください。

http://n.shop.vector.co.jp/service/man/faqindex.html?_ga=1.31966974.1100040146.1463717638

PDFファイルを作成できませんか?
PDFファイルを作成したい場合は、
フリーソフト「CubePDF」など、
プリンタドライバとして動作するPDF化ソフトを利用ください。

本ソフト単体では、PDFファイルに出力することはできません。
ご了承ください。
前々年度用の書類は出力できますか?
以前の事業年度分用の書類は、
現在のバージョンとは、税制や書類のフォーマットなどが
大きく異なっている可能性がありますので、
対応しかねます。

ご了承ください。

ただし、以前の事業年度分と変更の無い書類に関しては、
そのままご利用いただけるかと思います。
複数の会社のデータの作成は可能ですか?

複数の会社で使用する場合についてですが、
1台のパソコンで、ライセンスファイルを登録し、
同じ経営者様が代表となっている複数の会社で使用する場合は、
1つのライセンス料で、ご利用可能としております。
よって、
・ラインセンスファイルを複製して複数のパソコンで利用する
別の経営者が代表となっている会社のデータ作成に利用する。
などの行為は、ご遠慮ください。

繰越欠損金の入力について

過去の年度の欠損金の入力は、
「(2)決算情報」-「タブ1」-「欠損金」の画面で
入力することが可能です。

PAGETOP