ソフトウェア開発会社「合同会社ニコラソフト」の企業サイトです。

法人税申告を自力で行う手順

【法人税申告を自力で行う手順】

「法人税申告お助けくん」を使って法人税申告を完了するまでの実際の手順を以下説明します。
使用時の参考にしてください。

項目 作業内容 注意事項
1 会計ソフトで仕訳の入力 会計ソフトなどで、通常の仕訳を行っておきます。この段階で減価償却の仕訳も入力完了しているものとします。
ただし、この段階では、該当年度の法人税などの金額が未定のため、法人税関連の仕訳は未入力にしておきます。
法人税関連の仕訳には、「法人税」、「法人の住民税、事業税」の仕訳が含まれます。
2 仮の決算書の作成 上記の仕訳がすべて完了したら、法人税関連以外の仕訳が入力された「仮の決算書」を出力します。
ここでの出力は、損益額などの数値が分かればよいので、PDFファイルなどもしくは、会計ソフト上で確認することができればOKです。
3 法人税申告書類の取得 一般的に新年度が開始して1か月前後過ぎると税務署から法人税申告書類が送付されてきますので、それらの書類の注意事項、法人税率、住民税均等割額などを確認します。 税率、税額などは、税務署の担当者に電話で聞いてしまったほうが早いです。ちなみに弊社の所在地の愛知県では、法人県民税の均等割額が通常よりも1000円加算され、21000円になってます。地域によって異なる場合がありますので、ご注意ください。
4 「法人税申告お助けくん」で情報入力 「法人税申告お助けくん」を起動して、会社情報、決算情報の記入できる項目をすべて入力します。ここで、仮の決算書を確認しながら、該当年度の損益額などを入力します。 何を入力すれば良いのか分からない項目は、後ほど、税務署の担当者の方などに聞けばよいので、未記入でOKです。
5 法人税申告書一式を印刷 「法人税申告お助けくん」で記入できる項目をすべて入力したら、[計算]を実行、次に[印刷]を実行し、法人税申告書一式を紙に印刷します。
ここで印刷した書類の中で、「別表一(一)」など署名押印が必要な書類には署名押印をしておきます。
「別表一(一)」、「地方税申告書」などには、署名押印が必要です。
署名押印した書類は、2枚ずつ印刷しておくと、提出時に「控え」の印を押したものを返してもらえます。「控え」の書類は、融資の時などに銀行に提出が求められる場合があるとのことです。
6 決算仕訳の入力 「法人税申告お助けくん」の「申告作業」の画面に決算仕訳として、法人税関連の仕訳の例と金額が表示されるので、この仕訳を会計ソフトにて入力します。
7 決算書を印刷 法人税関連の仕訳が入力し終わったら、該当年度の仕訳が、すべて入力完了となりますので、ここで提出するための決算書を会計ソフトから紙に印刷します。
8 税務署で確認・提出 税務署の法人税の担当者に「法人税申告書の書き方を教えてください」と連絡し、法人税申告書類一式(決算書、申告書など)を税務署に持ち込みます。そこで書類を確認してもらい、問題無ければそのまま提出します。 提出時にホッチキスで関連書類毎にまとめて提出することをお願いされます。そのあたりも担当者に聞きながら作業すると間違いが無く安心です。
OCR用紙の書類は、モノクロで印刷したものでも受け取ってもらえるようです。
9 市役所で確認・提出 同じように市民税関連の書類を市役所の担当者に確認してもらい、問題が無ければ提出します。 「第二十号様式」は市役所に提出します。
10 県税事務所で確認・提出 同じように県民税関連の書類を県税事務所の担当者に確認してもらい、問題が無ければ提出します。 「第六号様式」、「第九号様式」関連は、県税事務所に提出します。
以上で1年目は完了です。
【次年度】
11 次年度の仕訳の入力 1年目と同じように仕訳を行います。
12 前年度データの変換 2年目以降の申告書の作成は、「法人税申告お助けくん」を起動し、「はじめに」ボタンから、「前年データから新規作成」ボタンを押し、前年度のデータファイルを選択して、今年のデータに変換すると、多くの入力情報が自動的に入力されて、さらに作業が楽になります。
13 前年度と同じ作業の繰り返し あとは前年度と同じように作業となります。

以上

PAGETOP
Copyright © 合同会社ニコラソフト All Rights Reserved.